Perlで学ぶデータサイエンス入門

Perlで学ぶデータサイエンス入門です。ビジネスで頻繁に必要とされる簡単な計算・統計からスタートしましょう。

データサイエンスには専用のツールや、ライブラリが必要ですか?

データサイエンスには、専門のツールや、ライブラリが必要と誤解されている方も多いようです。

「データサイエンスにはPythonのnumpyが必要なんじゃないの?」

Perlで学ぶデータサイエンス入門では、実例を紹介しながら、実際に、専用のツールやライブラリなしで、データサイエンスが可能なことを示します。

データサイエンスとして、合計、累積、平均、最大、最小、確率など求めるには、プログラミング言語の基本的な文法で可能です。

複数フィールドの並び替え、NaN値の除去、回帰分析など、統計処理でよく使われることも、プログラミングの基本的な文法で可能です。

ピボットテーブルによる集計も、Perlの多次元データ構造を使えば、表現可能です。

唯一ライブラリが必要だとすれば、データを可視化する分野でしょう。このライブラリについても、近いうちに、紹介できればと思います。

金額計算

Side Bar